ヘラクレス・エクアトリアヌスの繁殖 Part.2 マット交換②

4月から飼育をしているエクアの幼虫ですが、2回目のマット交換を行いました!

パソコンがぶっ壊れて修理に1ヶ月以上かかってしまったので、この記事を書いている時点で交換から2ヶ月近く経過してますが(汗)

 

2020年9月10日 マット交換

前回のマット交換が6月11日なので3ヶ月でのマット交換。

交換ペースはいい感じですね。

一昨年ヘラヘラやった時はマットの準備を怠って5ヶ月近く交換できずじまいだったので・・・

幼虫の体重はこんな感じ。大型カブトの幼虫は交換するたびにどんどん大きく・太くなっていくので見ていて楽しいです(*´ω`* )

でも今回の幼虫たちの体重はあまり伸びていない印象。孵化から約半年経過していますがほとんどが40g前半~50g前半の個体でした。

そんな中他の個体より飛び抜けて大きかったのが上の69gの幼虫。ケース内はコバエが大量発生しとんでもない状態になっていましたがここまで大きくなっていました。

オスだから大きくなっただけかもしれませんが、うちではなぜか劣悪な環境にいた個体の方が大きくなる気がします(笑)

 

ただ嬉しいことだけではなく心配なこともありまして・・・

この幼虫以外の7頭が全部メスっぽいんですよね。

エクアは今のところ累代するつもりはないのでぶっちゃけ全部オスでもいいくらいなんですが、最悪の場合オス1メス7のハーレム状態になるかもしれません(^_^;)

 

以前ヘラヘラを飼育したときの経験から考えると次の交換時に60g台であればメス確定、80gオーバーであればオス確定、70g台は微妙と言ったところでしょうか。

まあ、まだ確定しているわけではないのでできるだけ多くの個体がオスに偏ってくれたらいいなって感じのスタンスで飼育を続けて行こうと思います。

今回1番大きかった幼虫には次の交換で100g突破してて欲しいですねo=(`・ω・´o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました